迅速に対応

雪の中の一戸建て

一戸建ての注文住宅を建築しようとする時には地元の工務店やハウスメーカーに工事を依頼します。
設計については自分自身が設計できる、あるいは知り合いに設計者がいる場合を除いて、工事業者に依頼することになります。
最近は住宅展示場に出展をしていて完成物件をイメージしやすい、ハウスメーカーに施工を依頼するケースが多くなっているようです。
地元の工務店は小回りがきくので、一戸建ての注文住宅が完成入居後に不具合があったり、ちょっとした造作などの変更にも迅速に対応してもらえます。

しかしながら、規模が小さいこともあり、工事が重なったりすると着工が遅れますし、価格も一括発注等のメリットがないので相対的に高くなります。
設計者を抱えているケースは少ないので設計は外部の建築事務所に依頼することになります。
一方、ハウスメーカーは設計者を抱えていますので、設計はハウスメーカーに依頼することになります。
一戸建ての注文住宅の建築を依頼することは、普通の人にとっては人生に一度、あるいは二度歩かないかのことですので、あとで禍根を残すことは避けたいものです。
自分の希望を最終の完成の形にするのが設計者の仕事で、完成の出来栄えに大きな影響を与えます。
建築事務所にはその建築事務所が過去に設計をした物件を掲載したパンフレット等が用意されているんで、力量をはっきりと見ることができます。
一方、ハウスメーカーの方は構造的にはそのメーカーごとの基本的な売り物で構成されていますので、設計者は内部や玄関周りなどを設計することになります。
ハウスメーカーのパンツレットを見ても担当となる設計者の力量はわかりません。
ハウスメーカーに依頼する時は一旦設計者を決めてくれますので、その方の作品のいくつかを必ず確認することが必要です。
もし、気に入った作品がない場合には営業担当者に他の設計者に替えてもらうことはできます。
また、建築事務所を築くことも可能ですので、パンフレットや口コミで身近にいればそこに依頼して、施工だけをハウスメーカーにお願いすれば良いと思います。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031